将来の歯の健康に違いが出る。歯科予防の勧め

歯医者は虫歯ができてから行くところと決まっているわけではなく、予防のために診察してもらうこともあります。これを「歯科予防」と言います。海外ではポピュラーな予防歯科、最も予防歯科に懸命な国スウェーデンと日本を比べても、予防歯科の認識はまだ不十分なようです。

歯科予防では異常が出るまでの不正咬合、歯並び、虫歯、歯石、歯垢を寄せ付けないために歯科衛生士の指導に基づいたプロケアを行うのです。

毎日の自宅でのケアの方法も教わることができます。

 

「予防歯科」の目的は歯が生え始めた時期から一生涯自分の歯でものを噛めるようにすることが目標です。

よく「80歳まで自分の歯何十本」という標語を耳にしたことがあると思います。

目的は若年層の虫歯予防、妊婦さんの歯槽膿漏、高齢化によるお口のトラブル予防などです。

 

予防歯科でのお手入れ方法。歯垢を除去する

 

そもそも歯垢とは、歯のエナメル質の表面に付着してできる細菌らのことです。

歯垢は虫歯の要因にもなる上に1mgの歯垢には約2億個以上に及び細菌は存在していると言われています。とくに奥歯、歯と歯の隙間、歯槽膿漏の原因にもなる歯と歯茎の隙間に取り付きやすくなります。

そこで、歯科医で歯垢を取り除いてもらうことも一治療ですが、長いスパンでみると毎日の歯磨き指導が鍵を握ることになります。

 

歯科医師で受診できる予防歯科をまとめると、

1,口腔内検査

口のなか、歯から歯茎の状態、細菌数の計測まで行ってもらえます。

2,歯磨き指導

歯科衛生士さんによる個々の歯磨き指導です。自宅での毎日のケア方法の内容を指導してもらえます。歯ブラシの正しい持ち方、当て方、フロス、デンタルケアに至るまでデンタルケアのための手段を学びます。

3,フッ素塗布

フッ素がエナメル質を守るということはよく知られています。濃度の濃いフッ素を歯に塗布して虫歯予防を行います。

4,スケーテイング

スケーラー器具を用いて歯石の除去を行います。

5,シーラント

不正咬合を強制する治療です。

溝を樹脂でふさぎこんだりして虫歯予防に努めます。

 

予防歯科のメリット

不正咬合があると様々な病気になりやすくなりますが、事前に予防することで治療の手間や時間を回避することができます。痛みを伴う顎関節炎の場合には痛みの苦痛も回避することができますよね。

治療に費やす時間は計画的か否かという違い、費用の削減というメリットもあります。

歯科医師で月に2度ほど健診を受けていると虫歯の初期予防にみつながります。