保険適応外のホワイトニングの相場料金

予防歯科の認識が高い欧米とくにスウェーデンを始めアメリカ人などの歯は日本人の歯と比較しても際立って美しく矯正されて見えます。

とくにアメリカにおいての歯の矯正の認識は非常に高く、富裕層ほど歯が美しいとも称されています。

日本人のように不正咬合を放置したり、八重歯を自然のままにして未矯正のままでいることは階級層の下のものが行うことと認識されるという背景があるようです。

しかし日本人の認識はそこまででもなく、歯の矯正は希望者に限って行うべきものと認識されています。虫歯の予防ならいざしらず、歯のホワイトニングにまでこだわるようになったのは、「芸能人は歯が命」と言われてから大衆に普及したくらいのものです。

本来の日本人の歯の色はクリーム色ですが、仕事の事情で際立って白い色に染めてしまう人も増加傾向にあります。

一旦白い歯が常識の範囲になると、本来のクリーム色の歯では公私ともに人間関係に影響を及ぼすことになることもあります。

そこで、日本の歯科でホワイトニングのコースを受診する場合の相場料金を調べました。

一般的な歯のホワイトニングの流れは以下の通りです。

インフォームドコンセント

シェード確認

歯茎の保護

ホワイト剤を歯に塗布する

ホワイトニングライトの照射

ホワイトニングの掃除

シェード確認

という流れです。

ホワイトニングのコースは本数や照射時間の量によっても異なるもの、料金もコースに準じて異なります。

例えば、料金の示し方の例では

10本以内のホワイトニング

ノーマル、スタンダード、ライトとも表現されるお手軽なホワイトニングコースです。初回では2万円以内、2回目以降ではマイナス数千円で受診可能なクリニックが多いもの。

10本以上のホワイトニング

初回でも2万円以上の、2回目にはマイナス数千円の価格です。16本と10本の違いはわずか2千円程度です。

まとめ

総合的なホワイトニングは4万円から。クリニックの施術方法によってはホワイトニングも白さの調整別に料金設定がなされているということもあります。

ただし治療費はクリニック、美容歯科ごとに違いますから、事前にリサーチする必要があります。またホワイトニングは日本国内ではどこでも保険適応外の治療である条件も忘れずに検討しましょう。黄

色い歯が嫌悪され、漂白したような白い歯が流行する最近の日本人、白ければいいということでもないのですがやはり衛生観念は相手にアピールできた方が得です。