知ってた?歯磨き粉の成分フッ素の役割

毎日使う歯磨き粉の成分のなかに表示される「フッ素」の成分。歯磨き剤によっては別の表示がなされていることもあります。

あまりにもポピュラーな成分でありながらも、使用目的や効果のほどは知られていないのではないでしょうか。

そこで、フッ素の虫歯予防へのアプローチをご紹介します。

そもそもフッ素とは?

フッ素は食品中にも含有されており人間の健康維持にも必要な栄養成分の1つです。

例えば、魚介類、牛乳、塩分、お茶の食品中のカルシウムやナトリウムに結合して含有されています。

フッ素の効果 再石灰化とは?

歯のエナメル質にあるカルシウム、リンは細菌の仕業で簡単に溶け出してしまいます。そこで歯磨き粉の成分にフッ素を入れることで、カルシウムやリンを歯に戻してゆくというアプローチが図られます。このようなシステムを再石灰化と呼ばれているのです。

エナメルの強化とは?

健康な口のなかは中性に保たれているのですが、歯垢があると酸性に傾きます。よって歯の表面は細菌によって算出された酸によって溶け出します。そこで、ふフッ素の効果で酸から歯を守り溶け出しにくい性質にするというはからいです。フッ素が歯についている時間が長いほどに歯は虫歯から守られることになります。

 

フッ素は酸を抑制する?

歯垢が細菌の増殖を高めるとともに虫歯を増長させます。そこで、まずは歯垢が作る酸を抑制するというアプローチです。

 

フッ素は初期虫歯にも有効

歯のエナメル質を見ると、点々と白いものが見える時があります。

ホワイトスポットとも呼ばれるこの現象は初期虫歯のサイン。

この白いものがある歯は要観察歯COシーオーともいいます。

フッ素による再石灰化の効果により

カルシウムやリンを修繕させるアプローチが期待することができます。

 

なるべくフッ素が歯についている時間が長いほどに歯が守られると考えられています。とくに子供の歯や、新しく生えてきた歯が虫歯菌に侵され安いことは周知されています。柔らかい歯から虫歯を予防するには毎日の歯磨きケアで口の中を中性に保つことが大切です。1日3食食後の歯磨きを一回怠ると、次の歯磨きの時間は倍必要になります。

歯垢は歯に着色されていくので、お怠った分、新たなエネルギーを必要とするのです。

とくに夜の就寝前には虫歯の原因になる

細菌の活動が活発化する時期です。

夜の歯磨きだけは必ず行いたいものです。またストレスで唾液の分泌が少なくなると細菌の増殖から虫歯の発生につながります。